建築設備事業

DREAM工法 雑排水管ライニング

劣化した雑排水管内面のサビを落とし、樹脂ライニングで耐用年数をアップ。

経年による雑排水管の赤サビやコブは放っておくと、ネジ部から穴が開きはじめ大がかりな更新工事が必要になります。 「DREAM工法」は調査・診断により、残存寿命がある管については、内部をセラミックサンドで研磨後、ビニルエステル樹脂でライニング施工し、そのままの状態で雑排水管を更生します。

  • 早期発見・早期診断
  • クリーニング処理
  • ライニング処理

雑排水管ライニング「DREAM工法」の特長

1. 工事は立主管ごとに(横枝管を含む)1日で終了

クリーニングからライニングまで工事は1日で完了。
在宅拘束時間が短く、生活への支障も少なくてすみます。

2. 更新工事に比べ低コスト

大掛かりな解体工事を伴う更新工事に比べ、労力や時間もかからず、更新工事に比べ低コストです。

3. 優れた塗膜耐久性

新開発「ビニルエステル樹脂」は、耐熱性、耐久性、耐薬品性、耐摩耗性などに優れ、雑排水管の寿命を延ばします。

4. 新技術で簡単施工、安全性も向上

負圧による吸引工法で、簡単施工を実現、安全性も向上しました。
室内作業も最小限ですみ、粉塵や騒音も少なくなりました。

診断・施工フロー

ページのトップへ戻る