社長メッセージ

「Keep the Lifeline.」

協和日成は、1948年の創立以来、ガス・電気・水道といったライフラインを支えるという使命のもと、安全・品質・環境・コンプライアンスを何よりも優先し、いつの時も、人々の快適な暮らし作りに貢献し、お役に立てるよう、事業活動を行って参りました。

70年以上の歴史の中で、建物内のガス設備や都市の地下に張り巡らされたガス導管といったガス工事で培われた技術力を、空調設備工事、給排水衛生設備工事、電路洞道工事、水道工事などの分野にも広げ、総合設備工事会社として、たゆまぬ研鑽を続けています。

事業活動のエリアは、首都圏を中心としつつ、静岡県や北海道においても拠点を設け、自治体や公共機関をはじめ、エネルギー事業者、デベロッパー、ハウスメーカー、ゼネコン、サブコン、工場、ゴルフ場などの民間企業、そして一般のエンドユーザーという幅広いお客様のニーズに適確にお応えし、高品質な施工サービスを提供しています。

2019年度より、真の総合設備工事会社として更なる発展を遂げるべく、既存事業の深化と周辺事業への挑戦を掲げた中期経営計画「エボリューションプラン21」を策定しております。お客様のニーズが、多様かつ高度化していくなかにおいても「お客様から選ばれ続けるために」、技術力の向上、そして、安全と品質へのこだわりを持ちつつ更なる飛躍をすることで、お客様の信頼にお応えし、社会に貢献して参ります。

代表取締役社長
川野 茂

ページのトップへ戻る